2018年05月12日

30代ハゲの少なくなった頭髪を結んで薄毛を隠す方法とは…。




「ハゲ隠し」の方法。



こんにちは。ふじあきおです。

アイテムを使ったハゲ隠しをいくつか挙げて来ましたが
そういう一時凌ぎではどうにもならないくらいに薄くなっていて
どうにかしたい方々に向く方法を2,3紹介しますね。

まずは、増毛エクステ。

TVのコマーシャルでよく見るアートネイチャーやアデランス、リーブ21とかの
本格育毛サロンでやる代表的な増毛法の一つです。

これは、頭頂部の少ないうなって来た頭髪を
相互に結び付けて、髪量を多く見せるやり方です。

また、カツラ自体を髪にくっつけてしまうこともアリです。
言うなれば、取れないカツラです。

比較的楽に禿げ状態を隠せて便利な方法だと言えますが、
難点は、髪の毛が伸びるに従い
次第に結び目が持ち上がって行ってしまう点です。

また、当然髪を引っ張たり押さえつけたりする訳で、
そうするうちにどうしても抜け毛が増えて来ます。

一度設置したら取れないので、
変化が出て来る度に、メンテナンスと費用の負担が生じて来ます。

この程度のリスクだったら気にしない方にはお薦めの方法とは言えますね。(^^)


「50代ハゲも6か月で治る発毛法は」
 ⇒
「こちら」
  (最新版アップしました!)

■□「ご質問・ご意見は」■□
  ⇒
「こちら」

ふじあきお

※記事が良かったら、ポチッ!とお願いします。※
⇒⇒ 

育毛・発毛 ブログランキングへ
スポンサーリンク




posted by あきお at 10:24| 山梨 | Comment(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

30代薄毛を上手く隠すが、費用も掛かり抜け毛を増やすハゲ隠しとは…。




「ハゲ隠し」の方法。



こんにちは。ふじあきおです。


アイテムを使ったハゲ隠しに

カツラ

があります。

有名人では、きみまろさんが居ますね。
今では、日本製でも物凄く精密に出来ていて、
近付いてもちょっとカツラだとは分からないものも多い様です。

そうは言っても、激しい動きなどの場合はどうしてもズレてしまうし、
頭頂部に密着しているので蒸れたり髪の毛を引っ張たりして
抜け毛の原因になりやすいのです。

さらには「バレるかも」という不安や、買い替えでの費用や面倒くささなんかで、
心の平穏という部分でちょっと頂けないかなあ、とは思いますね。

筆者なら、多分、このアイテムは用いないと思います。(^^)


「50代ハゲも6か月で治る発毛法は」
 ⇒
「こちら」
  (最新版アップしました!)

■□「ご質問・ご意見は」■□
  ⇒
「こちら」

ふじあきお

※記事が良かったら、ポチッ!とお願いします。※
⇒⇒ 

育毛・発毛 ブログランキングへ
スポンサーリンク




posted by あきお at 13:15| 山梨 | Comment(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

一番効果があるが、取ると30代の薄毛頭が暴露されるハゲ隠しとは…。




「ハゲ隠し」の方法。



こんにちは。ふじあきおです。


次に、アイテムを使ったハゲ隠しを見てみましょう。

まずは、帽子。

一般的に一番手っ取り早い方法ですね。
しかし、部屋の中に入ったり他人に出会う時など
どうしても脱がなければならない時には

ペッタンコになった頭髪が、
薄毛状態をさらに引き立たせてしまいます。

両刃の剣ですね。(^^)


「50代ハゲも6か月で治る発毛法は」
 ⇒
「こちら」
  (最新版アップしました!)

■□「ご質問・ご意見は」■□
  ⇒
「こちら」

ふじあきお

※記事が良かったら、ポチッ!とお願いします。※
⇒⇒ 

育毛・発毛 ブログランキングへ
スポンサーリンク




posted by あきお at 08:43| 山梨 | Comment(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする