スポンサーリンク

2023年03月17日

フケ症の60代元薄毛の頭皮で起きている事。



フケ症。



こんにちは。ふじあきおです。

最近、季節の変わり目のためか、
頭皮全体が痒い日が続いています。

もともとかなりのフケ症なこともあって
どうも頭皮が乾燥肌らしく

日々の新陳代謝で角質が表皮に浮き上がり
酷いサラサラのフケの大群になります。

それに皮脂と空気中からのゴミが混ざって
頭皮上の毛穴の周囲は

カタブサになった小さな丘が
ぶつぶつ状態で取り囲みます。

それが痒い。


筆者の場合は、普通放って置けば、
それで何の問題も無いんですが

ちょっとかじったりして
そこから痒み成分が出て
余計かじって

「ああ痒い!ああ痒い!」

と、妙な気持ち良さも手伝い、
加速度を増して爪先で
カタブサを剥がして行くわけです。

そして、皮膚に傷をつけて
恐らくそこらへんは、軽い炎症を起こして
赤く腫れていると思います。


ちょっと詳しすぎる描写になりましたが、
兎に角、一度始めると止められなくなる「かっぱえびせん」状態です。(-_-;)


こういうことが発毛、育毛に良いはずがなく、
菌を増殖させ、頭皮と毛根にダメージを与えます。

もし、貴方が頭皮引っかき症に罹っているなら、
早めに皮膚科に行った方が無難かもしれません。('ω')

「60代になってもフサフサ状態を維持する発毛法は」
 ⇒
「こちら」
  (最新版アップしました!)

■□「ご質問・ご意見は」■□
  ⇒
「こちら」

ふじあきお


posted by あきお at 10:09| 山梨 ☁| Comment(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: