2020年05月15日

カツラを付ける50代ハゲが、余計ハゲやすくなる原因とは。



カツラ


こんにちは。ふじあきおです。

カツラは、髪が薄いか否かに関係なく髪型や髪の色などを変えて変装用に使う「全頭かつら」と
円形脱毛症などに対する社会的偏見への対応のために使う「全頭用かつら」とに分けられます。

ウィッグは、カツラを意味する英語で、日本なのでは
部分禿げを隠すためのヘアーエクステンション(エクステ)を意味する様です。
ハゲ隠しと言ったら、こちらの意味ですかね、一般に。

16世紀の西洋では、ノミやシラミが流行っており、
雑菌が増殖しやすい頭部を短く切って衛生的にするため
人毛を編んだカツラが社会的正装として公認されていたようです。

18世紀頃までこの習慣は残っていたらしく
よく中学校の音楽室に掛けれてていた
バッハやメンデルなどのクラシック音楽家の頭。

あれです。

非常に便利な道具ですが、どうしても頭部が蒸れやすくなるので
頭部に多い常在細菌が増殖し炎症を起こすリスクがあります。

結果、さらにハゲやすくなる…。

なので、被りっぱなしは避け、1日に1回は洗髪し
カツラ自体も週一回程度は洗うことがポイントです。(^^)


ちょっと驚いたんですが、100円ショップにある
女性ならよく知っているあのエクステですが
あれ、男性のウィッグ用にも十分に役をするようですね。(^^)


焦らないでゆっくりと行きましょう!
本物の発毛法で。

「50代ハゲも6か月でフサフサになる発毛法は」
 ⇒
「こちら」
  (最新版アップしました!)

■□「ご質問・ご意見は」■□
  ⇒
「こちら」

ふじあきお
posted by あきお at 09:29| 山梨 | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする